データベース アーカイブ - 34ページ目 (34ページ中) - graine

IgG4関連疾患(指定難病300)

IgG4関連疾患(指定難病300)

IgG4関連疾患(あいじーじー4かんれんしっかん)とは、指定難病告知番号300の、免疫系疾患に分類された疾患です。 IgG4関連疾患の特徴と概要 全身のいろいろな臓器(膵臓、唾液腺、涙腺、腎臓など)が腫れたり、硬くなった […]

嚢胞性線維症(指定難病299)

嚢胞性線維症(指定難病299)

嚢胞性線維症(のうほうせいせんいしょう)とは、指定難病告知番号299の、消化器系疾患に分類された疾患です。 嚢胞性線維症の特徴と概要 全身の粘膜の塩化物イオン(用語解説参照)の輸送能力が遺伝的に弱いため、生まれて間もない […]

遺伝性膵炎(指定難病298)

遺伝性膵炎(指定難病298)

遺伝性膵炎(いでんせいすいえん)とは、指定難病告知番号298の、消化器系疾患に分類された疾患です。 遺伝性膵炎の特徴と概要 遺伝性膵炎とは、遺伝により慢性膵炎が家族の中に多発する稀な病気です。遺伝性膵炎の定義として欧米で […]

アラジール症候群(指定難病297)

アラジール症候群(指定難病297)

アラジール症候群(あらじーるしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号297の、染色体または遺伝子に変化を伴う症候群に分類された疾患です。 アラジール症候群の特徴と概要 アラジール症候群は、生まれつき肝臓や心臓などさまざまな […]

胆道閉鎖症(指定難病296)

胆道閉鎖症(指定難病296)

胆道閉鎖症(たんどうへいさしょう)とは、指定難病告知番号296の、消化器系疾患に分類された疾患です。 胆道閉鎖症の特徴と概要 胆道閉鎖症は、生まれて間もない赤ちゃんに発症する肝臓および胆管の病気です。胆汁は肝臓で作られ胆 […]

乳幼児肝巨大血管腫(指定難病295)

乳幼児肝巨大血管腫(指定難病295)

乳幼児肝巨大血管腫(にゅうようじかんきょだいけっかんしゅ)とは、指定難病告知番号295の、消化器系疾患に分類された疾患です。 乳幼児肝巨大血管腫の特徴と概要 血管が糸玉のように絡まったような病変を「血管腫」と呼びますが、 […]

先天性横隔膜ヘルニア(指定難病294)

先天性横隔膜ヘルニア(指定難病294)

先天性横隔膜ヘルニア(せんてんせいおうかくまくへるにあ)とは、指定難病告知番号294の、呼吸器系疾患に分類された疾患です。 先天性横隔膜ヘルニアの特徴と概要 先天性横隔膜へルニアとは、生まれつき横隔膜に欠損孔があって、本 […]

総排泄腔遺残(指定難病293)

総排泄腔遺残(指定難病293)

総排泄腔遺残(そうはいせつくういざん)とは、指定難病告知番号293の、消化器系疾患に分類された疾患です。 総排泄腔遺残の特徴と概要 総排泄腔(cloaca)とは、体の発生過程において胎生4〜9週に存在する臓器の名前です。 […]