データベース アーカイブ - 5ページ目 (34ページ中) - graine

多発性嚢胞腎(指定難病67)

多発性嚢胞腎(指定難病67)

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)とは、指定難病告知番号67の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。 多発性嚢胞腎の特徴と概要 腎臓に嚢胞(水がたまった袋)がたくさんできて腎臓の働きが徐々に低下していく、遺伝性の病 […]

IgA 腎症(指定難病66)

IgA 腎症(指定難病66)

IgA 腎症(あいじーえいじんしょう)とは、指定難病告知番号66の、腎・泌尿器系疾患に分類された疾患です。 IgA 腎症の特徴と概要 IgA腎症は、検尿で血尿や蛋白尿を認め、腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAという蛋白 […]

原発性免疫不全症候群(指定難病65)

原発性免疫不全症候群(指定難病65)

原発性免疫不全症候群(げんぱつせいめんえきふぜんしょうこうぐん)とは、指定難病告知番号65の、血液系疾患に分類された疾患です。 原発性免疫不全症候群の特徴と概要 正常なヒトでは体内に細菌やウイルスなどの病原体が侵入すると […]

血栓性血小板減少性紫斑病(指定難病64)

血栓性血小板減少性紫斑病(指定難病64)

血栓性血小板減少性紫斑病(けっせんせいけっしょうばんげんしょうしはんびょう)とは、指定難病告知番号64の、血液系疾患に分類された疾患です。 血栓性血小板減少性紫斑病の特徴と概要 末梢の細血管が血小板の凝集塊(血小板血栓) […]

特発性血小板減少性紫斑病(指定難病63)

特発性血小板減少性紫斑病(指定難病63)

特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)とは、指定難病告知番号63の、血液系疾患に分類された疾患です。 特発性血小板減少性紫斑病の特徴と概要 特発性血小板減少性紫斑病(Idiopa […]

発作性夜間ヘモグロビン尿症(指定難病62)

発作性夜間ヘモグロビン尿症(指定難病62)

発作性夜間ヘモグロビン尿症(ほっさせいやかんへもぐろびんにょうしょう)とは、指定難病告知番号62の、血液系疾患に分類された疾患です。 発作性夜間ヘモグロビン尿症の特徴と概要 心臓は収縮・拡張を交互に繰り返すことで全身に血 […]

自己免疫性溶血性貧血(指定難病61)

自己免疫性溶血性貧血(指定難病61)

自己免疫性溶血性貧血(じこめんえきせいようけつせいひんけつ)とは、指定難病告知番号61の、血液系疾患に分類された疾患です。 自己免疫性溶血性貧血の特徴と概要 自身の赤血球に結合する自己抗体(蛋白)ができて、赤血球が異常に […]

再生不良性貧血(指定難病60)

再生不良性貧血(指定難病60)

再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)とは、指定難病告知番号60の、血液系疾患に分類された疾患です。 再生不良性貧血の特徴と概要 再生不良性貧血は血液中の白血球、赤血球、血小板のすべてが減少する疾患です。この状態 […]

拘束型心筋症(指定難病59)

拘束型心筋症(指定難病59)

拘束型心筋症(こうそくがたしんきんしょう)とは、指定難病告知番号59の、循環器系疾患に分類された疾患です。 拘束型心筋症の特徴と概要 拘束型心筋症とは、心室の拡張や肥大を伴わず、見た目の心臓の動きも正常であるにも関わらず […]

肥大型心筋症(指定難病58)

肥大型心筋症(指定難病58)

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)とは、指定難病告知番号58の、循環器系疾患に分類された疾患です。 肥大型心筋症の特徴と概要 心筋症は、「心筋そのものの異常により、心臓の機能異常をきたす病気」ですが、そのうち、肥大 […]