こんにちは!未来に種を届けるメディア「graine」です!

こんにちは、graineです!
graineとは、フランスの女性名詞で「種」という意味を持ちます。
ハンディキャップや環境の壁に立ち向かうあなたの小さな体験談のが、
芽が出て遠い未来の誰かに届くように。

そんな気持ちを込めて作ったサイトです。

ハンディキャップといっても、目に見えるものだけではありません。
外側から見えない疾患や症状、その人が生きる場所や地域、個人を取り巻く環境やストレス、人間関係…
いきていくうえでさまざまな「壁」にぶつかり、迷ったときにふと目に留まって、考えさせられる、はっとする、そんな場所になってほしいという願いを込めています。

このサイトに掲載されている「種」となる体験談は、すべて個人から提供されたものです。
その人がどう生きて、どんな困難があって、いまどうしていて、これから何があるのか。
わくわくしながら、ときにはハラハラしながらな人生を、少しだけ掘り下げています。
もちろん種は1日2日じゃ芽は出ません。
丁寧に育てて、見守って、水をあげて、構いすぎないで、そうしてひょこりと顔を出してくれる。

そんな「種」の集まるサイトへ、ようこそ!